みんわ営農組合

みんわの作物

produce

水稲

Paddy rice

コシヒカリ
5,0ha

福井県の農事試験場で産み出され、1956年に品種登録されました。食味が良く知名度の高いブランド米として全国で最も作付けの多い品種です。ただ、近年は夏の高温で乳白米の発生など、品質の低下が問題となっていますが、飯米や縁故米では圧倒的な人気品種です。

つや姫
3,4ha

山形県で育種された品種で2008年に山形県で奨励品種となりました。米の品質や食味の評価が高く、高温耐性もあることから島根県など温暖な地域での栽培が広がってきました。つや姫の栽培は、農薬や化学肥料を慣行栽培の半分以下に抑えた「特別栽培米」としての生産です。

きぬむすめ
4.6ha

1991年に九州農業試験場(現九州沖縄農業研究センター)で誕生した品種で、島根県をメインに主に西日本で栽培されている品種です。米粒の大きさは中粒ですが、コシヒカリ並みの食味と高温耐性が評価され、実需者から高い評価を受けている品種です。

やまだわら
6.6ha

(独)農研機構が開発して2014年に品種登録された極めて多収性の業務用品種です。粘りが強過ぎない特徴から冷凍米飯や寿司米など業務用として需要のある品種です。

つきあかり
2.8ha

(独)農研機構が開発した早生の業務用米品種です。コシヒカリと同等以上の良食味と米粒が大きいことが特徴で、コストパフォーマンスの高い米として人気があります。

ほしじるし
5.2ha

(独)農研機構が開発した業務用品種です。コシヒカリ並みの食味と食べた時の粒感が特長で、弁当やおにぎりなど多用途な業務用・外食需要の期待できる品種です。

露地野菜・景観作物

Vegetable crop

ブロッコリー
3.9ha

露地野菜の主力品目として6月収穫の春作が0.7ha、11月~2月収穫の秋冬作を3.2ha栽培を予定しています。野菜についても近年は業務用需要が増えていることから、一部業務用品種の栽培も行う計画です。

とうもろこし
1.6ha

7月中旬~8月中旬が収穫期です。品種はナント種苗の「おおもの」。高糖度で皮が柔らかく、おいしいトウモロコシとして高い人気です。なお、トウモロコシはマルチ栽培を行いますが、みんわ営農組合では省力化と環境に配慮し、ビニールマルチから生分解性マルチに転換しています。

キャベツ
0.9ha

2019年度から2~3月収穫の業務用キャベツ栽培を始めました。品種は市場出荷と同じですが、玉の大きさは無選別で300㎏詰めの鉄コンテナに入れて出荷します。

ヒマワリ(景観作物)
1.2ha

地域の皆さんに楽しんでいただくことを目的に、平成29年度から栽培を初めました。30年から「ヒマワリ祭り」を開催、多くの来場者でにぎわいます。

Copyright © みんわ営農組合. All Rights Reserved.